ベイザーハイデフって何?

ベイザーハイデフとは脂肪吸引の一種で、ボディラインをデザインする美容整形技術を指します。

脂肪のボリュームを局所的に落とすだけでなく、筋肉のラインや骨格に沿って、体を細部まで計画的に作り上げていきます。

ベイザーハイデフはその精巧さから別名「ミケランジェロ」とも呼ばれ、割れた腹筋や、美しいボディラインを緻密に演出します。

施術を受ける方の要望によって様々なボディを実現できますから、例えば、筋肉を美しく見せたい方や、加齢によるお腹のたるみを除去したい方、くびれなどを部分的に強調したい方など、様々なタイプのデザインが可能です。

さらには、引き締め施術で採取した脂肪細胞を胸に注入することで、一度の施術でバストアップと腹部の引き締めを同時に行なうことも可能です。

脂肪吸引を行なうと、しばしば「余った皮のたるみ」が問題になりますが、ベイザーハイデフはベイザー波による皮膚の引き締め効果があるため、そうした問題も解消されます。

皮下脂肪の厚みにもよりますが、ベイザーハイデフはBMI22以下の方に最適な技法だといわれています。

施術の前には入念な打ち合わせを行い、「理想の体」に対するイメージを医師と患者が共有しなくてはなりません。

総合的なボディバランスの改善が行なわれるため、肥満による腰痛や関節痛など、様々な症状の緩和も期待できます。

あくまでも美容整形の一種ですから、保険の適用は受けられません。

そのため、部分的な施術で数十万円、トータルで数百万円の費用が生じる場合も少なくないようです。

美容に関するメリットは絶大ですが、費用については慎重にご検討ください。