海外赴任する場合の電話・インターネットの手続きはどうすればいい?

前回の続きになりますが、電話やインターネットに関しても、電気、水道、ガスがあります。
これらのライフラインの利用停止手続きと同様です。
まず固定電話についてです。
利用を停止する事になります。
<電話の場合>利用停止予定日の2週間前くらいに連絡を入れておきましょう。
(笑顔)また、固定電話には電話を利用する為の権利(加入権)があります。
※これは電話局が保管してくれます。
その為、何年後かに国内に帰ってくる予定がある場合は、またその可能性がある場合は、権利を保管してもらうようにしてくださいね。
基本的な引っ越しの時に行う手続きになります。
そんなに難しい事はありません。
※特別に準備する物もありません。
電話局に利用停止を申請する時に、権利の保管を依頼するだけです。
■携帯電話、インターネットプロバイダに関して■固定電話とは事情が異なってきます。
<携帯電話について>国内で使用している携帯電話の殆どは、海外では使用することができません。
一部の会社では、電話番号維持サービスを行っています。
しかし、あまり長期間ではないので、海外赴任をする時は、現在の番号を失うことになります。
コスト面を考えると、あまりお勧めは出来ませんね。
海外赴任先で利用することができる携帯電話を購入してくださいね。
契約して、国内に復帰した時は、再度契約を交わします。
それが一般的な手順になります。
<インターネットプロバイダの場合>海外でも使用可能なこともあります。
ですから、プロバイダを変えずに、契約変更のみで継続することができる可能性があると言うことです。
この場合は、あらかじめ、プロバイダに問い合わせてくださいね。
<アクセスポイントが国内のみの場合について>解約して海外で別のプロバイダと契約します。
biglobe 光料金