保険の無料相談の口コミは嘘?上手な断り方はある?

テレビなどのメディアでよく見る保険無料相談のCMですが、実際には利用方法を知らない人も多いと思います。

なので、ここでは無料相談サービスの利用方法について書きます。

一般的にどのサービスもインターネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

予約日当日、FPに会ってからは、ライフプランや現在の生活環境、加入中の保険などに関して確認をしますその後、聞き取りをした家族構成やライフプランなどから保険を提案します。

再度、どういった内容がライフプランにと合っているか保障内容のどういったところが合っているかを一緒に確認します。

数年前まではいろいろなところで現金・キャッシュバックキャンペーンをやっていましたよね。

特にスマートフォンの勧誘では額が大きすぎて本体金額よりもキャッシュバックされるようなこともあり問題になりました。

保険無料相談サービスでも同様に相談者特典として商品券プレゼントをしていました。

そういったキャンペーンを見なくなりました。

それもそのはずで2017年に総務省や金融庁が策定した指針で高額キャッシュバックや換金性の高い商品券がもらえるプレゼントするのを禁止としたからです。

そのため、保険業界では相談者特典の内容をお米や牛肉、タオルなどの商品に変更しているサービスもあります。

月の収支がギリギリ、でも貯金はしたい!と思ったときにどの部分から毎月の支出を減らしましょうか。

一番削りやすいのが食費ですがお子さんのいる家庭の場合ではできればそのままにしたいですよね。

そうすると次に考えるのが、携帯電話料金です。

ついつい課金をしてしまっているのを減らしたり格安SIMに切り替えをするという方法です。

他の節約箇所としては保険料の見直しをすることです。

保険無料相談サービスを利用した人のブログを見ると現在の契約状況・保障内容を専門家が様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも相談をする際は信頼できる担当者を見つけましょう。

どうして無料なのに続けられているのかわからないサービスがあります。

無料でも営業を出来ているのには何かカラクリがあるはずです。

例えば、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行っている企業の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPが提案した保険を相談者が契約することによって手数料が保険会社からサービス会社へ支払われるということです。

そのため、契約してもらうことが重要なので、生活状況に対して無理な保険を勧めることはほとんどないと考えていいはずです。

相談自体は無料なので、今の保障内容を忘れてしまったという方も安心して活用してください。

車の買取や引っ越しなど様々な場面で見積もりを取りますよね。

見積もり後に催促の電話がかかってきます。

値段交渉をしたりするのが楽しいという人もいますが最近では、電話そのものが苦手という方が多いイメージがあります。

保険無料相談サービスの案内時では、強制的な勧誘を行ったり、評判の悪いFPと提携解消を行うサービスもあるほど勧誘に関してしっかりと対策が考えられています。

また、もし担当者が強制的な勧誘を行う場合はストップコールという制度があり、電話一本で勧誘の停止や担当FPをチェンジすることも可能です。

勇気を出して保険無料相談をA社のFPにしてみたら保険の乗り換えを勧められた。

保険は人生で2番目に高い買い物と言われています。

A社のFPを信じてそのまま乗り換えるのも良いのですが、できればA社の提案内容を受けた後に別のB社のFPにも相談をして引越しなどをするときの様に相見積もりすることをおすすめします。

その際の注意事項としてA社の提案内容をB社にも見せると内容重視ではなく価格を重視して競争を始めてしまう可能性があります。

B社に見せた時に「A社の内容でOKです」と言うくらいの人だったらとても信頼できる方です。

ぜひ、その人に頼みましょう。

B社に提案内容を見せない場合は、単純に提案内容の比較にもなります。

保険の営業の人に案内されるがままに保険に加入してしまって実は、内容をしっかりと把握できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスの利用を検討してはどうでしょうか。

保障に対する知識がなくてもFPが現在どんな保険に入っているか、現在思い描いているライフプランに合わない保険だった場合、別の保険の方が今の希望に対して合っているなど相談に乗ってくれます。

また、使う可能性の低いオプションを外したり別の保険に切り替えることで保険料が減る方も多いようです。

また、FP紹介サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉がもらえるキャンペーンを行っているサービスもあります。

皆さんは買い物に行って強引に何かを買わされたというような経験や体験談を聞いたことはありますか。

生命保険の勧誘でも同じようなことがあるそうです。

不適当な保険に加入させられたという人もいるそうです。

他には、保険金を請求したら数十年前の通院歴の告知義務違反で保険料がもらえなかったという人もいるそうです。

そんな時にどうしたらいいのかわからないですよね。

保険は人生で2番目に高価な買い物と言われるくらいで生命保険トラブル専門の弁護士もいるようです。

こういったトラブルがあった時には弁護士に相談してみるのも一つの手です。

人生で2番目に高い買い物を知っていますか?そう、保険です。

選ぶときには、慎重にならざるを得ません。

そんなときは無料相談を上手に利用すると便利です。

町中にお店があったり、FPさんが訪ねてきてくれたりしますが、中には面談をすると何かをもらえるところもあります。

商品券や図書券、現金などがもらえるそうです。

一万円に満たない額がほとんどですが、いくつかの会社からもらえたら数万円になる可能性もあります。

不安を解消してもらえるうえにプレゼントまでもらえるなんて、話がうますぎるくらいです。

Tポイントやポイントサイトで景品と交換できるポイントが保険無料相談で付与されるキャンペーンを見かけます。

付与されるポイントが大きいサービスはあまり有名ではないのが多く実際にポイントが付与されるかわからないですよね。

多くの場合、数回の面談を実施し、アンケートに答えるとプレゼントというパターンが多いです。

そのため、最初の面談等で契約をしないと見られたらその後の面談予定がなかなか合わないなどポイント付与の条件に満たないようにすることがあります。

そのため、ポイント目当てで申し込むのはやめましょう。

世に数ある保険無料相談会社について、比較検討するため情報をピックアップしているサイトがあります。

良く比べられているポイントは、実際にFPさんと会えるまでの流れの簡単さや、提案が可能な商品数の豊富さ、そして最優先事項はFPさんそれぞれの評判です。

場合によっては数百万でもきかない金額になるものですから、複数の会社で面談をしてみることで結果を比較検討し、「この人なら信頼できる」と思えるような人と一緒に今後のことを考えていけると良いですね。

今の保険を選んだ際にどういったものを参考材料にして決めましたか?ランキングサイトなどのwebサイトを参考材料にした人、職場に来た営業の人の説明などいろいろな参考材料があると思います。

そうやって決めた結果、月々の料金が厳しい、実は保障内容を忘れているという人も多いのではないでしょうか。

保険無料相談サービスで確認をしましょう。

当然のことですが加入当時と現在で生活状況は変わってくるものです。

そのため、相談してみた結果、保障内容がほぼ同じ内容なのに月額が低くなった、今の生活状況により合った内容に提案してもらえたという話も多いです。

2017年4月の金融庁が出した指針により保険無料相談後に高額なギフト券を相談者へプレゼントするのは禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の策定した指針から各サービスでは、商品券からお米や牛肉など「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、現在も商品券をプレゼントするキャンペーンを宣伝しているサービスがありますが、これは明確なルール・法令違反なのですぐに淘汰されていくでしょう。

もし、保険の相談を考えているのならば、キャンペーン目的ではなくサービスを提供している会社の評判などを調べてから選びましょう。

今すぐに相談をしたいなら街中にある保険ショップという選択肢もあります。

インターネットの中では、保険無料相談会社についてのクチコミが多くあることがわかります。

それだけたくさんの人が疑問や不安を持っていて、プロに話ができる機会が欲しいと思っているということなのでしょう。

そしてやはり面談自体についても不安があるのだと思います。

中でもこちらを訪問してくれるタイプの評判が気になるところですが、重点的に見るべきなのはFPさんの知識量や提案力について、さらに客側の希望を取り入れようとしてくれるかどうかでしょう。

どこにお願いするか決めるときには、どんなFPさんだったのかを詳しく調べてみると良いでしょう。

一般的に良い評判よりも悪い評判の方が頭に残ってしまうことが多いと聞きます。

保障内容の見直しやライフプランに合わせて保険を提案してくれる保険無料相談サービスでも評価を比べているサイトはあるのでしょうか。

口コミを見てみると相談する前の心配事として「相談したら強引に保険に加入させられそう」という印象を持っていてなかなか相談へ踏ん切りがつかなかったようです。

実際に体験した方によると「納得いくまで何度でも聞きにきてください」と言ってくれて安心できた、説明内容や物腰が柔らかくて本当に相談だけでも大丈夫だったなど持っていた印象とは全く違うことがわかりました。

なので見直しをしようと考えている人は安心して相談してみてください。

参考:保険相談の断り方はどうすればいい?【予約取り消しの言い訳集】

一体どれくらいの人がプロに保険相談をしているのでしょうか。

それぞれの業績を見てみますと一年間に十万を超える人に利用されている会社もあるそうです。

それは人々の関心が高いことの表れでもあり、また入り組んだ仕組みが専門家を頼らざるをえないほどであるとも言えるかもしれません。

いろいろな会社がありますが、長年の実績があるほけんの窓口や保険マンモスなどの名前がよく挙がっています。

それらの会社はFPさんの質に絶対の自信を持っているうえに、面談までの手軽さが選ばれる理由のようです。

将来のことを考えて保険の加入を考えている方、どうせ相談しに行くならサービスを選びましょう。

近所の駅前にあって行きやすいからという選択もいいのですが中には、黒毛和牛肉やお米のプレゼントを行っているサービスもあるんです。

申し込みの流れとしては、HPの予約フォームから相談日を決めて、現在の保険内容の確認や保険無料相談後にアンケートへ回答するともらえるそうです。

でも、無料で商品プレゼントを行っているサービスって強制的・強引な勧誘をしていそうという気持ちもわかります。

最近のFP紹介サービスでは、評判の悪いFPを契約を打ち切るサービスもあるなど対策をしています。

子供のために貯金はしたい!でも家計はギリギリという方はどの部分の支出を削りましょうか。

お子さんがいる場合は食費はなるべく減らしたくないですよね。

そうすると次に考えるのが、携帯電話料金です。

電話の時間を減らしたり格安SIMに乗り換えるという方法です。

その両方を削りたくないなら保険料の見直しをしてはどうでしょう。

保険無料相談サービスを利用した人のブログなどから感想を見ると現在契約している保険の内容を様々な角度から見て提案してくれたそうです。

そのブログ主の担当者さんは親切丁寧で信頼できたそうなので皆さんも信頼できるような担当者に当たるまで相談するのもいいかもです。

CMを見て保険無料相談を申し込んだけれど、あまりこちらの要望を聞いてくれないという話を聞きます。

では、有料の保険相談を利用してみるのはどうでしょう。

有料相談の値段相場は大体5000から20000円くらいとなっています。

有料のメリットとしては、無料相談と違い無理に契約を狙うものではないことや無料相談サービス内で実績のあるFPや優秀なFPが担当してくれることが多いことです。

そのため、お客様の立場で公平中立なアドバイスをしてくれることです。

また、ほとんどの有料相談サービス業者では、FPに対して独自の認定基準を設定しています。

「相談に問題があった場合は、相談料を返す」という点も独自基準への自信の表れでしょうか。

時間をかけて優良な担当者に当たるまで担当者を変えて無料で済ますという方法もあります。

毎月の出費をどうにか低くしたい、というのは将来のことを考えると感じていると思います。

保険料金が節約できるかもしれません。

最近、テレビのCMなどでも耳にする保険無料相談を利用してみるのはどうでしょうか?でも、いざ利用しようと思っても保険の知識がなくても大丈夫なの?相談に行ったら絶対に契約しなきゃいけないみたいで行きにくい。

という印象を持ってしまう方もいますよね。

安心してください、知識がなくても現在契約中の保障内容の確認だけでもOKです。

相談する場合は、契約中の保険証券などを持っていくとよりどう行った状況かわかりやすくなります。

貯金のために保険料を節約したい!でも、相談に行く時間がないからどうしようと困っている方、解決につながるかもしれない方法があります。

保険無料相談サービスの中でも数は少ないですが、相談のやりとりをメールで完結できるサービスもあります。

なので、1年中受付をしており、返信内容の確認も通勤中の電車の中などのちょっとした時間に確認ができます。

もし、メールに書いてある説明がわからない、こちらが伝えたいことの意味が十分に伝わっていないと感じたときには、電話相談もできるようになっているようです。

相談の必要性が低くなった時もメールで断れるので楽な気持ちで相談できそうです。

最近CMなどいろいろなメディアで目にする保険無料相談サービスですが、本当に無料なの?という疑問を持ってしまいます。

なぜ無料でできるのかをご説明いたします。

結論から言いますと、各保険会社からの契約手数料を収益として成り立っているからです。

つまり、相談サービス会社としては、提案した保険に乗り換えてもらうことで収益が入ることになります。

そのため、お客様目線で相談に乗ってくれるサービスが多く「相談をしたら今より高い保険を勧められそう」といった心配事はほぼ起きないと思って良さそうです。

2017年4月に発表された金融庁からの指針により保険無料相談後に高額な商品券などを相談者へプレゼントするキャンペーンが禁止になりました。

「換金性の高い商品の提供の禁止」という金融庁の指導を受けて各サービスでは、商品券からお米や牛肉など「換金性の低い特定の商品」へ変更しています。

また、3000円程度の商品券のプレゼントキャンペーンを行っているサービスがありますが、これは明確なルール・法令違反なのでいずれなくなっていくでしょう。

もし、保険相談サービスを利用しようと思っているのならば、キャンペーンだけでなくサービスの質を重視して選びましょう。

相談をしたいと思い立ってすぐに見直しをしたいなら近所の保険ショップに行くという選択肢もあります。

世間に多々ある保険無料相談会社ですが、それらをそれぞれの観点から情報を集めているサイトが多々あります。

評価を左右する重要点としては、実際に面談を受けられるまでの手続きの手軽さ、取り扱っている商品数の多さ、そしてなんといってもFPさんの質や評判でしょう。

障害において家の次に高価な買い物とまで言われていますから、一社だけでなくいくつかの会社と面談をするなどして、全てを任せても安心なFPさんとこれからのことを決めていくのが良いと思います。

テレビで保険無料相談のCMを見ていると疑問に思うことがあります。

それは有料保険相談も存在しているの?ということです。

元々は保険相談は有料なのが基本だったそうです。

では有料と無料でどういった点が異なるのでしょうか。

無料相談の場合、FPは相談者と保険内容の確認をするだけではお金はもらえず、提案した生命保険に契約してもらわないと保険会社から手数料が支払われることでお金をもらっています。

なので、FPにとって手数料のいい保険(FPにとって収入の高い保険)を提案してくる人が中にはいるそうです。

逆に、有料の相談の場合、販売ノルマのようなものがないため、無料相談より親身になってくれる可能性が高いそうです。

どうして無料なのに続けられているのかわからないサービスがあります。

無料と謳っているのに続けられるのは何かカラクリがあるはずです。

例を挙げると、保険無料相談サービスの場合では相談サービスを行う会社の主な収益は各保険会社からの契約手数料となっています。

つまり、FPが提案した保険に相談者が変更することによって手数料が保険会社からサービス会社へ支払われるということです。

そのため、加入してもらうことが重要なので、生活状況を聞いて今の生活状況を考えて無理な保険を勧めることは基本的に起きないと思っていいはずです。

相談自体は無料なので、今の保障内容を忘れてしまったという方も安心して活用してください。

保険を考える時期といわれる人生におけるイベントがあります。

一例としては、結婚したときや子供が生まれたときなどです。

でも、保険に対する知識がないとどう選べばいいかわからないですよね。

そんな時は、保険無料相談サービスの利用を考えてみましょう。

すでに保険に入っている人でも年間の支出や家族構成などが契約当時と比べて状況は変わっていると思います。

なので、無料相談で今のライフプランや希望に合っているか、いざという時にきちんと守ってくれるかを改めて見直しましょう。

相談した結果、内容はほとんど同じなのに保険料が約1/3になったという話もあります。

契約中の保険内容の確認だけでもOKなので気楽に利用してみてください。

動画サイトなどでよく見る保険無料相談のCMですが、実際の利用方法がよくわからないこともあります。

なので、ここでは無料相談の利用方法について書きます。

一般的にどのサービスもインターネット等で相談日の予約をし、希望の場所若しくは店舗で相談という流れになります。

予約日当日、FPに会ってからは、ライフプランや現在の生活環境、現在加入している保険の保障内容の確認をしますその後、聞き取りをした家族構成やライフプランなどから保険を提案します。

再度、ライフプラン・将来の希望と照らし合わせて保障内容や名付きの月額を一緒に確認します。

営業の人に言われるがままに保険に加入してしまって実は、内容を十分に把握できていない方も多いと思います。

保険無料相談サービスの利用を検討してはどうでしょうか。

知識がなくても保険の専門家が今はどんな保険に入っているか、相談者のライフプランに合う保険ではなかった場合、別の保険の方が今の希望に対して合っているなど相談に乗ってくれます。

また、相談した結果、必要のなかったオプションに気づいたり別の保険に乗り替えることで保険料が減ることもあります。

また、無料相談サービスの中にはサービスを利用するとお米や黒毛和牛肉などの景品がもらえるキャンペーンを行っていることもあります。

保険相談の無料サービスを提供している会社は、少なく見積もっても10社以上はあるかと思います。

そんな中で選ぶなら、FPさんの質をウリにしている会社がおすすめです。

面談をいくつかの会社にお願いしたという人によると、それぞれのFPさんによって、話す内容が同じでもいろいろ幅のある提案がされるようです。

実際契約をするとなると、FPさんとの関係は長く続きます。

客側の希望を含めてプランを決めるのはもちろんですが、想像してもいなかった満足をくれるような実力のあるFPさんがいる会社が良いでしょう。