産後の抜け毛とは

髪の毛を美しくするには、体内で女性ホルモンがちょうど良い程度に分泌されている必要があります。

女性ホルモンは髪の毛が生えてくるためには不可欠なホルモンで、日本女性の長くてしっかりとした張りと艶のある髪の毛は、女性ホルモンの賜物と言っても良いでしょう。

しかし女性には、この女性ホルモンが、過剰に分泌される時期があります。

それは妊娠している時です。

妊娠した女性はより多くの女性ホルモンを分泌して、胎児の健康を守り、来るべき出産の時に備えようとします。

実は妊娠時の女性の脱毛は、通常時に比べて非常に少なくなっています。

これはひとえに女性ホルモンが多く分泌されているためで、妊娠している女性には必ず見られることです。

しかし出産を終えると体内の事情は大きく一変します。

出産と同時に、これまで豊富に分泌されていた女性ホルモンは一気に分泌量が少なくなり、他のホルモンとのバランスが、妊娠前の状態に戻ろうとします。

これは出産後数ヶ月に渡って続きますが、これに比例するように、抜け毛の数が増えるのです。

出産後の抜け毛は、3ヶ月から6ヶ月あたりがピークだと言われています。

しかしこれには個人差があり、出産して1年経ってもまだ抜け毛が多い女性もいます。

こうした出産後の抜け毛については自然なことで、病気などではありませんから、特に治療などをする必要はありません。

時期が来れば新しい髪の毛が、またたくさん生え始めます。

どうしても気になるようであれば、育毛の成分が入ったシャンプーなどを使用して、頭皮の状態を健全に保つようにしておくと良いでしょう。